よく分かる!占星術の歴史|占いにお金を使いたくない!無料の夢占いで解決!

よく分かる!占星術の歴史

水晶玉

紀元前300年までの間は、プロト占星術期と呼ばれています。プロト占星術は、現代の占星術の元になっており、チグリス・ユーフラテス川の下流地域で誕生したとされています。夜空に浮かぶ星々を神の意志を知るための予兆であると考え、占いを行っていたそうです。その後200年までは形成期と呼ばれ、プロト占星術がバビロニアからギリシャ、エジプト、さらにはローマ帝国へと伝わっていき、占星術のシステムが徐々に確立されていきます。しかし300年頃になるとローマ帝国の弱体化とともに占星術は衰退し始め、キリスト教が主体となり占いは影を潜めます。占星術が再び脚光を浴び始めるのは1100年から1500年までの復興期で、ヨーロッパの学者の研究によって学問的な地位を得るようになりました。

長い時を経て今の時代に息づいている占星術ですが、この神秘の力は、私たちの生活にどのような良い影響を及ぼすのでしょうか。まず一つ言えるのは「この世界には様々な人がいる」ということです。当たり前のことを言っているように聞こえるかもしれませんが、占星術によると人の性格や運命はすべて生まれた時の星配置で決まっており、数多くの惑星や12星座、度数などが加わることによって無限のパターンが存在すると言われています。この無限の組み合わせによって、一人一人の個性や未来の行く末が変わってくるのです。このような個性を占いで学ぶことで、自分と他人の違いを理解し、お互いの関係がうまくいくような行動を取ることができます。占いの世界は、私たちの日常を明るく照らしてくれる道標と言えるかもしれません。